中国山椒「花椒」

中国の山椒である「花椒」
日本の山椒とはまた違ったさわやかな芳香としびれる辛みが魅力のスパイスです。
花椒というスパイスを初めて意識したのは、中華料理店で食べたよだれ鶏という料理。
口の中がぴりぴりとしびれる刺激があるものの、黒酢の酸味が効いた冷菜なので、あと一口…とどんどん箸が進む一品でした。
そして家庭でもよく食べられる、麻婆豆腐や坦々麺など四川料理に広く使用でき、花椒は意外と使いやすいものです。
おうちにも和山椒と一緒に、この花椒もぜひ揃えてみてはいかがでしょうか。